米子商工会議所会員情報サイト。米子のおすすめ商品や店舗をご紹介。
こざさ建設
鳥取県の風土・気候に適した家づくり~外張断熱による高気密・地熱利用によるエコ住宅・呼吸する住空間~のご提案
鳥取県は四季を通じ、湿度が高く、特に一般には乾燥するといわれる冬の時期でも
実は70%も湿度があるのをご存知でしょうか?
70%も湿度があるのに、冷え切った室内を暖めるために、ガンガン石油ストーブ、ファンヒーターをつかってしまうと何が起こるでしょう????
そう、皆さんがご存知のとおり、結露が起こります。
この結露により、家の壁の内部で何が起こっているか。。。。カビと腐れで家の寿命を縮めているのです。また家ばかりでなく住む人間の健康をも脅かしているのも事実です。

2000年10月鳥取県西部地震が発生しました。
鳥取県の要請により危険度診断を行い鳥取県日野町の倒壊した住宅を目の当たりにしこざさ建設・西部地震

■壁の中の断熱材(グラスウール)が真っ黒になりズリ落ちている。
■浴室廻りの柱や土台が腐っている。
■鉄骨の家に錆びがきている。

などの検証から「地震の被害は認めるが、これは湿気による被害も相当なものだ。」と実感しました。 
この多湿な鳥取県で安心で安全な住宅を作るためには、鳥取県の気候風土を熟知することが、第一の課題と認識し、湿気の多い住宅環境を改善するための住宅の断熱・気密の重要性に気付き、高断熱・高気密に関する専門書を数多く読みました。 そして、「湿気による被害から家を守り、住みごごちの良い住宅を造るには、高気密・高断熱仕様の「外張断熱」を基本とした地中熱活用住宅が適している」という結論に達しました。

こざさ断熱
おすすめの逸品

こざさ地中熱実験棟

店舗紹介

株式会社 こざさ建設
 〒683-0805
米子市西福原9丁目12番24号
電話 0859-32-8677
 FAX 0859-32-8748

社長 小笹浩一
年中無休
営業時間 AM10:00~PM6:00
社長のブログはこちらから

アクセス
米子商工会議所
ケンサクくん
Copyright © 2009 Yonago Chamber of Commerce and Industry
アクセスカウンター